Trial Tool(体験ツール)

Wide Learning™の体験ツール

Trial Tool(体験ツール)では、「Wide Learning™」による「学習」や「活用」の様子を体験()することができます。

対象年齢は中学生以上と考えていますが、学生の方は親子でのご利用をおすすめします。

くわしい利用方法を解説した「事例紹介:哺乳類判別」も用意しましたので、あわせてご覧ください。

:いくつかのコア機能を制限させていただいております。


ツールの概要

Trial Toolを利用するためには、以下の3つを揃える必要があります。
いずれも当サイトで提供・配布しております。

1. Wide Learning™ Trial Tool:

当体験ツール。

※規約同意後にご利用いただけます。

2. 学習用データ:

AIに学習をさせるためのデータ。

※学習用データはサンプルを提供しております。

3. 予測用データ:

AIに予測させるための質問データ。

※予測用データはサンプルを提供しております。

動作環境

デバイス PCのみ
OS Windows10、Windows8.1、macOS
ブラウザ Google Chrome(最新版)
インプットデータ
サイズ制限
最大行数:1,000行
最大列数:40列
最大ファイルサイズ:1MB

サンプルデータ

学習用データ 予測用データ
哺乳類判別用
サンプルデータ
animals_train.csv (11kb) animals_test.csv (1kb)
選挙の要因の発見
サンプルデータ
election_train.csv (102kb) election_test.csv (1kb)
新型コロナ施策の分析
サンプルデータ
COVID_train.csv (193kb) COVID_test_a_increment.csv (4kb)
COVID_test_b_advance.csv (4kb)

Wide Learning™活用の大まかな流れ

学習の準備

AIに学習させるデータの準備を⾏います。

  • 学習用データのアップロード
  • 学習用データの内容確認
  • 学習開始(学習フェーズへ移⾏)

AIによる学習

アップロードデータを元に、AIが学習を行います。

学習結果を評価

いくつかの観点からAIの学習結果を確認し、
内容に不備がないか などの評価を行います。

結果に問題がなければ、活用フェーズに移ります。

  • 学習結果のパラメータとスコアを確認
  • 全体の仮説の確認
  • 個別の仮説の確認

活用フェーズへ移行

AIの活用

予測用データとよばれる「質問」をAIにアップロードし予測させます。

なぜ、そのような判断を行ったのかを確認できます。

さらに再学習を経てAIを育成することもできます。


FAQ

何かお困りごとがありましたらこちらのFAQページをご確認ください。


Trial Toolを使用してみる

会員登録不要、無料でご利用いただけます。
さあ、Wide Learning™に触れてみよう!